読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウタのゲーセンブログ

ご意見は@GS_utamaroまで

言いたいこと全部書きました・デッキ公開

〜今回のブログを読むにあたって〜

 

今回は煽りやネタ的な要素は一切ありません。

また、私は今日の大会に向けて今週200戦やり込みました。

プラチナシーズンは全ラン二桁で終えました。

そして私はゲームが上手い人は尊敬してますし、「勝ち」という結果から勘違いして大きく出ているわけではありません。

 

このことを頭の片隅に置いて読んでもらえると幸いです。

 

 

 

 

どうもウタです。

今日は内田橋のアルカナ予選に出場してきました。

とても有名な店舗なので上手い人が集まることが予想されましたが、私は家が近いので愛知で本日開催されている小牧と春日井には行きませんでした。

 

 

f:id:gunslingeruta:20161016173709j:image

 

結果は準決勝敗退でした。有名な人との連戦ではっきり言って死の組に入れられてしまいました。

まあこの日内田橋に集まったのは29人なんで、0回戦落ちしなかっただけでも運が良かったと思います。

 

1回戦で握ったのはフルパワーティアマトギャンブラー。

2回戦で握ったのは大会用に温めておいた武身ティアマトギャンブラー。

準決勝で握ったのはヒッキーさん考案の3色アリアンです。

 

 

 

1回戦は握りなれたティアマトギャンブラーを使おうと決めていました。初戦なのでデッキバレしてませんし、大会ではマッチアップは不利だけど運が絡む武身は来ないと読んでいました。

マリガンも上手くいき、いつも通りの動きが出来て危なげなく勝つことが出来ました。

 

 

 

そして2回戦。対戦相手はCOJプレイヤーなら知らない人はいないであろうOGRさんでした。

私もとても尊敬していますしリスペクトしています。

初戦勝ち抜いたあと、対戦しているところを見に行ったら紫を握っていました。

初戦勝てたし2回戦も同じデッキ握ろうかと思っていましたがここで急遽変更します。

理由はギャンブラーのカーバン君を始めとした序盤を凌ぐユニット達はニードルレインやドラゴニュートに滅法弱いからです。

私は最近OGRさんと面識を持つようになったので、2回戦前にギャンカス握りますか〜とか紫握りますか〜とか会話しました。ここで「これは絶対メタりにくるな」と感じました。

 

そこで私は三色アリアンを握るか迷いましたが、特別有利がつくわけでもないので新しく考えてきた武身ギャンブラーを握ることにしました。(デッキ内容は下で説明します)

 

そして対戦開始。

マリガンはかなり上手くいき、初手にイージス出して次ターンでミョルニルになってギャンブラー引いてきました。

早めにハメちゃおうとマリガンしておいた2表でケルベロス出しました。

するといきなり飛んできたのはデススピ。多分マリガンでデススピキープしておいたのでしょう。流石です。

 

しかし私は次のターンでケルベロスをトップから引きました。

ここからトリックメイジで1枚回収し、4ターン連続でハメることに成功しました。

 

終盤もの凄い追い上げをされましたが、なんとかそのまま勝つことが出来ました。

 

そして試合終了後、2体目のケルベロスがトップであることを本人と会話しました。

 

 

 

3回戦のお相手は1回戦も2回戦も鰤ハンデスを使っていました。ギャンブラーにとっては天敵です。

本当ならゾンビ青使えればいいんですが、私は青いデッキ全く使えないので、三色アリアンを握ることにしました。

決して三色アリアンが有利つくわけではありませんが、私が他にやり込んだデッキも無く、ワンハン使えるデッキもこれしかなかったので…。

 

しかし現実はそう甘くありませんでした。

マリガンはかなり上手くいきましたが、トクリは3発連続で狙いたいところに当たらず、タウロスで手札5枚からピンポイントでジョカ捨てられました。

 

結局ワンサイドゲームになりサレンダーしました。

そしてそのままキルアゾルディックさんは優勝されました。

おめでとうございます、完敗でした。

 

 

 

 

大会も終わり、ツイッター徘徊してたらOGRさんが運ゲーギャンブラーに負けたとツイートしてそこそこ拡散されていました。

もちろん私のような格下にギャンブラーとかいうイラッとくるデッキにトップで負けたらこのようなツイートをするのもわかります。

 

 

しかし、界隈のツイートを見ていると「ギャンブラーは糞ゲー」とかそのようなツイートを多く見かけました。

 

 

 

いや、ちょっと待って欲しい。

 

確かに私は明らかに実力でOGRさんに劣っています。

しかし、私は今日のためにCOJをかなりやり込み、勝ち抜くために調整や不利対面を作らないよう複数デッキを仕上げてきました。

 

その結果たまたまギャンブラーに行き着いただけであって、「ティアマトギャンブラー=糞デッキ」というやんわりとしたイメージだけで馬鹿にされるのも悔しいですし、人の努力をなんだと思ってるんだと思います。

 

 

ギャンブラーはCPを減らすことで相手が「やりたいことを出来なく」します。

その上、ほぼ専用デッキなのでポイントも美味しいシーズンが来ます。

 

ここらへんが良いイメージを持たれない理由でしょうが、そんなこと言ったらキーカード落として相手に「やりたいことをさせない」ハンデスも同様に糞デッキです。

(ポイズンディナーが下方された理由ですね。タウロスを除く最近のハンデスが選択式が多いのはそのせいです。)

 

 

また握ってみたらわかると思いますが、ギャンブラー側も決して楽なプレイングは出来ません。

上手くいかずにワンサイドゲームで負けることも多々ありますし、プレミもやり込まないと頻発します。

オリボが高いのも扱いが少し難しく握る人が少ないだけであって、デッキパワー自体が低いわけではないです。

もちろんTier1というわけではありませんが。

 

 

さらにギャンブラーは対処法さえしっかり抑えれば、ギャンブラー側も厳しい戦いを強いられます。

これはプレイングのみです。メタカードは必要ありません。

もちろんギャンブラー側がいい回り方をすれば勝ててしまいますが、それはどのデッキにも言えることです。今回がそのいい回りでした。

 

私も普通のデッキ握ってる時に対面にギャンブラー引いたり、ミラーも何度も経験していますが、ほとんど負けたことがありません。

ギャンブラー使ってると相手の嫌がる動きがとてもよくわかるからです。

 

ギャンブラー叩きしている人にギャンブラー対策が完璧な人が果たして何人いるのでしょうか??

 

 

 

そして最後に言いたいのはギャンブラーは使ってて「とても楽しいデッキ」です。

いつもとは違う脳みその使い方をするデッキなので、勝ち筋の作り方を覚えて実践出来るようになるととても達成感があります。

 

 

食わず嫌いやイメージだけで握るのをやめないでください。ギャンブラーを使えるようになった人達が「このデッキ面白い」とハマっていく姿を私は何件も見てきました。

 

またSRもティアマトとお好みで鉱脈入るくらいなので組むのにお金もかかりません。

 

暇な時があったら是非握ってみてください。

 

 

 

 

 

 

ふー、書きたいこと全部書きました。

 

ここからは先ほど言ってた武身ギャンブラーの解説です。

先に言っておくと、このデッキの発案者はギャンブラーのブログを最初に書いた夜夢さんです。私も意見をだいぶ出したので共同開発と言えるレベルですが一応そこだけ。

 

 

f:id:gunslingeruta:20161016191802p:image

 

デッキはこちら。

 

採用理由を順に説明します。

 

アサルトガール:寝かされるスピム枠です。ジャッザリッパーもアリかな?

 

トリシューラ:武身の要。本当は2枚でしたが紫とマッチすることを考えて3枚。

 

ヒートドラゴン:先行初手用。イージス3枚だけでは怖いので2積み。

 

ティアマト:相手のユニット数も考えてレベル2で出すことも大事。

 

トリックメイジ:ギャンブラー回収&ゴルクラ進化元要員。本当は3積みしたいくらい。

 

ミョルニル:ギャンブラー引っ張ってくるウーマン。一度ケルベロスギャンブラーハメた後に出すと、かなりの確率で生存して次のギャンブラーを引っ張ってきてくれます。

 

ロンギヌス:ハメて相手を寝かした後にこいつ出てきて一気に試合を決めることも出来ます。

3が基本かも。

 

レイア:スピム枠。レイアで寝かしてゴルクラ鉱脈からのディバシがギャンブラーの勝ち筋の1つ。

 

ゴルクラ:フィニッシュ一気に決めれる。2積みだと軽減や自引きする確率上がって便利。

 

ミューズ:紫、鰤、サリエルを止められます。

 

イージス:先行初手。ミョルニルへの進化するとケルベロス持ってるだけで自然とハメルートへ。

 

クサナギ:一応イージス出せるけどいるかどうか迷い中。後攻初手で出すのも微妙だし、湧いてきても微妙なので変えるかもです。

 

アロンダイト:鉱脈と一緒に使えばディバシまで簡単に繋がります。ラスト出せればいいのでピン積み。

 

ギャンブラー:このデッキの核。

 

鉱脈:ワンショットのルートを格段にやりやすくしてくれます。ミョルニルで序盤引くと弱いが個人的に必須。

 

魔法石:3枚だとギャンブラーが引きにくくなるけどかなり便利です。2積み。

 

大いなる世界:ゼウスや転生毘沙門はもちろん鰤も止まります。2でもいいかも。

 

ジョーカーはディバシは固定としてあとはお好みで。

ジョーカー2つはノーチャンなので再臨にしました。

 

 

 

マリガン

 

先行:ヒートドラゴンorイージス

後攻:ミューズ、ミョルニル、クサナギ

 

後攻はこれといったものが少ないですが、大会ならミューズ出しとけばハズレはないかも。

アポロン出てきそうならやめましょう。

 

 

マッチアップ

 

ティアマトギャンブラー:大幅有利。トリシューラとロンギヌスで完封出来ます。

 

青単:蘇生は5分。サリエルケアにミューズ。ジョカケアはしっかりと。

ブラフマーシズクは若干キツめ。

 

ハンデス:若干不利。加護いないからミューズを大切に。

 

緑単鰤ジズ:そこそこ有利

 

黄単:そこそこ有利。アポロンでミューズコピられたら除去しましょう。

 

紫単:5分。いかに早くハメれるか。

 

代償紫:大幅不利。スピードに間に合わないことが多い。

 

回し方はギャンブラーとあまり変わりません。夜夢さんの有名なティアマトギャンブラーブログや私の過去のブログ読んでもらえるとあらかたわかると思います。

 

http://gunslingeruta.hatenablog.com/entry/2016/09/20/155715

 

http://gunslingeruta.hatenablog.com/entry/2016/10/12/231635

 

 

夜夢さんのブログ↓

http://yamu117.hatenablog.com/entry/2016/09/12/025610

 

 

 

気付いたら4500文字書いてました😅

もし気になることや意見があればお気軽にツイッターでリプください。

 

それではまた👋🏻